paa_01.jpg

計画と雰囲気(2019)
 

介護老人保険施設の改修計画です。
これまで通所サービスに使われていたワンフロアを入所サービスへ改修することが求められていました。入所サービスは文字の通り、その場所で寝泊まりをおこなう、入所者の方々にとってはいわば家のような場所です。そこで、老健を基準法上の”用途区分”や通例的な意味合いでの”施設”としてではなく、ゆっくりとくつろげるような空間を目指したいと考えました。

一方で、建築基準法の用途区分から求められる法規制の問題や、施設という性格から発生する運用の問題を無視することはできません。そこで、規制や運用の問題を達成する「計画」と、生活の場をつくる「雰囲気」を重ねるように設計することにしました。

具体的には「計画」をおこなうのは平面図(壁の位置)、「雰囲気」をつくるのは天井伏図、詳細図、家具図、サイン図(垂れ壁、建具の納まり、家具、サイン)というように、空間に存在する物質的な要素の各設計に役割をつけています。壁の位置は施設の運用上、考慮されるべき出来事や、法規制から求められる仕様を”計画する”ように、それ以外の部分については一般的な施設の常識をあえてずらすことで、施設の機能性を持ちながらもどこか施設とは違う”雰囲気をつくる”ように設計しています。

(計画概要)
1,主要用途:病院(介護老人保険施設)
2,建設地:広島県
3,規模:地上5階建の4階部分
4,主構造形式:鉄筋コンクリート造(既存建築物)
5,延床面積:549.64 ㎡
6,設計期間:2018.10 - 2018.12
7,施工期間:2019.01 - 2019.04
8,計画状況:竣工
9,協働者:前博之(照明計画)
10,写真:千葉正人

paa_02.jpg
paa_03.jpg
paa_05.jpg
paa_05.jpg
paa_07.jpg
paa_06.jpg
paa_07b.jpg
paa_09.jpg
paa_11.jpg
paa_12.jpg
paa_10.jpg
paa_13.jpg
paa_14.jpg
paa_15.jpg